年末年始におすすめな!カニ(蟹)のふるさと納税 | ネコノミー!

年末年始におすすめな!カニ(蟹)のふるさと納税

年末年始のふるさと納税で届いたタラバカニ ふるさと納税

みなさん、ふるさと納税活用なさっていますか?
ふるさと納税はちょっと仕組みが難しく感じがちですが、各地方自治体に納税してそのお礼の品をもらうことで、2,000円の実質負担で2,000円以上の商品やサービスを受け取れる可能性が高いとってもお得な制度です。

納税する方の所得によって、ふるさと納税できる金額は異なりますが、
例えば10,000円ふるさと納税すると、2,000円を差し引いた金額、つまり8,000円が所得税と住民税から控除されます。
40,000円ふるさと納税すると、2,000円を差し引いた金額、つまり3,8000円が所得税と住民税から控除されます。
更にお礼の品もいただけます。
控除されるという言葉がわかりにくいのですが、要は戻ってきます。(所得税は還付されることが多く、住民税は税金が安くなります。)

そして、我が家はふるさと納税を活用して毎年年末年始用のカニを返礼品としていただいています!
カニはふるさと納税の中でも人気の返礼品ということもあり、種類が豊富。また年末年始に需要が高まることもあり、12月中でも年内に届けてくれる(お正月に間に合うように)自治体が多いのです。

スポンサーリンク

年末年始に間に合う!ふるさと納税でいただいた返礼品のカニ

年末年始に間に合うカニの返礼品を提供している自治体は非常に多いのですが、その中でも私が実際にお礼の品をいただいたことがある自治体をご紹介しておきますね。

毎年頼んでいるので、来年以降も頼んだ内容を追記していく予定です。

【年末年始のカニ】北海道滝川市のふるさと納税

北海道滝川市は12月中でもカニを年内発送してくれる自治体です。
2019年の情報ですが、12月20日までの決済で年内発送確約と表示されていました。

今回我が家が頼んだのは15,000円の納税で600gのタラバガニ。
1~2人分のタラバガニが冷凍で届きました!
年末年始のふるさと納税で届いたタラバカニ
納税額は15,000円ですが、実質は2,000円負担です。

届いた発泡スチロールの梱包は結構大きめですが、中の箱は冷凍庫にしまえるサイズ(22×32×6cm)でしたので、年末年始まで少し時間があっても冷凍庫で保管しておくことが可能です。
年末年始のふるさと納税で届いたカニ

中の箱自体も緩衝材で保護されていて丁寧に梱包されていましたよ。
年末年始のふるさと納税で届いたタラバカニ

そのまま焼きガニにして食べてもいいですし、バター焼きやカニ鍋なども良さそうです。

バリエーションも豊富で、80,000円で2.5キロのタラバガニなどかなり大きなカニの返礼品もありましたよ。
もちろん、ふるさと納税の限度額いないであれば、80,000円でふるさと納税しても、実質負担は2,000円で78,000円は所得税、住民税から控除されます。(戻ってきます。)

北海道滝川市のふるさと納税
※ふるさと納税は楽天ふるさと納税がポイントも溜まるのでおすすめです。

【年末年始のカニ】北海道根室市のふるさと納税

こちらは写真を撮っていなかったのですが、2018年は北海道根室市にふるさと納税しやはり年末年始用のカニを返礼品としていただきました。
2019年の情報ですが、北海道根室市は12月4日までの決済であれば年内に届けてくれるようでした。

北海道根室市のふるさと納税
※ふるさと納税は楽天ふるさと納税がポイントも溜まるのでおすすめです。

ふるさと納税は楽天がおすすめ!楽天ポイントが溜まります

尚、ふるさと納税は「ふるさとチョイス」や「さとふる」といったふるさと納税専門のサイトもありますが、おすすめは「楽天のふるさと納税」です。

楽天市場を普段使って楽天ポイントを溜めている方は、ふるさと納税の購入でも楽天ポイントを溜めることができます!

ご自身のふるさと納税限度額(いくらまでふるさと納税できるか)も、楽天のふるさと納税のサイトで調べることができますよ。
ふるさと納税のシミュレーション

ふるさと納税シミュレーション

更に年末近くになると開催されることが多い、楽天スーパーセールでふるさと納税を行うと、より効率的に楽天ポイントも溜めることができますよ。

楽天スーパーセール攻略、主婦視点の備忘録
楽天で定期的に開催される「楽天スーパーセール」。 楽天スーパーセール例年は3月、6月、9月、12月に開催され、大体1週...

ふるさと納税でカニを返礼品にする際の注意点

最後にふるさと納税でカニを返礼品にする際の注意点も簡単にまとめておきますね。

  • 冷凍庫のスペースを開けておく
  • 冷凍品が宅配ボックスなどに届かないように注意する
  • 配達日(年内に届くかなど)をしっかり確認する
  • 写真は量が多めに映っていることが多いのでグラム数を確認する
  • ワンストップ納税の手続きを素早く行う(年内には)

カニは冷凍品で届くことがほとんどなので、年末年始に食べるためのカニは冷凍庫に保管しておく必要があります。
カニは結構場所を取るので、ふるさと納税のカニが届く前に冷凍庫のスペースをしっかり開けておきましょう。

また、時々冷凍品(クール便)が宅配ボックスに配達されて溶けてしまうということがあるようです。
これは宅配業者の不備の可能性もありますが、クール便が宅配ボックスなどに放置されないようにカニが届きそうな時期には長期で旅行に行くことを避けるなど気をつけてくださいね。

また、年末年始にカニを楽しむために、しっかり年内に届くかどうかを確認しておきましょう!(楽天のふるさと納税の場合は、返礼品の詳細ページに配送予定日などが記載されています。)
商品写真は実物より多めに映っている可能性もあるので、グラム数もしっかり確認しておきましょうね。

また、ふるさと納税は5自治体までであれば、ワンストップ特例制度といって自治体に書類を返送するだけで、確定申告などの面倒な手続きが不要になります。
ふるさと納税を行ってしばらくすると、書類が届きますので、こちらは届き次第すぐに返送するようにしましょう。

書類返送も簡単で、マイナンバーカードや免許証など身分証のコピーと決まった形式の書類を1枚返送するだけです。
最初は面倒かもしれませんが、10分もかからずできる内容ですよ。

まだふるさと納税をやったことがない人にとっては少しわかりにくい・・・と感じるかもしれませんが、一度やってみると簡単でお得にできる制度ですので、是非活用してみてください!

年末年始のカニをふるさと納税で頂くのは、個人的におすすめですよ!

ふるさと納税でカニを検索する

コメント

タイトルとURLをコピーしました